PRODUCTS
レゴフィックス(REGO-FIX)

ER コレット

ER コレットについて

1972年にレゴフィックスが市場に投入して以来、ERコレットは世界中の工業界で広く使われています。その使いやすさ、品質の良さは、高評価を得てますますその採用は増えて続けています。製造工程や材質の改善が進み、ERコレットの品質はさらに高まっています。ERコレットの持つ品質を最大限に生かすために、取り扱いは、マニュアル等をご参照いただき、正確に行ってください。詳細は、カタログ、YouTube等でご確認下さい。

Feature Point

ERコレットの特徴

最高のパフォーマンスでお使いいただくために、純正ERコレットは、純正のコレットフォルダーと組み合わせてご使用いただくことをお勧めします。三角マークとスイスメイドの表示が目印です。

広い把握範囲:16スリットの最適な割で、高い芯ブレ精度を実現しながら、広い把握範囲を可能にした標準ERコレットER8〜ER50、その把握範囲は0.2mm~36.0mmまで。

小径の刃具の把握で、把握長さが他社との比較で約20%長くなります。これによって芯ブレ精度が高くなります。

スイスの品質基準

Swiss made(スイス・メイド)と標示された製品は、スイスのテニケンにある当社の本部で開発、生産されたものです。

ER標準およびER-UPコレットチャックの
芯振れ精度

固定直径d [mm]
 
最小
 
最大
 
L
1 1.6 6
1.6 3 10
3 6 16
6 10 25
10 18 40
18 26 50
26 36 60
最大芯振れ公差 [mm]
DIN 6499 ISO 15488B  
△ER-Std.
 
△ER-UP
0.015 0.01 0.005
0.015 0.01 0.005
0.015 0.01 0.005
0.015 0.01 0.005
0.02 0.01 0.005
0.02 0.01 0.005
0.015 0.01 0.005

スイスメイドの高い品質

幅広い製品の種類で、どんな加工要求にも最適のコレットチャックをご提供できます。

  • MB
    マイクロ穿孔
  • Std.
    標準
  • UP
    ウルトラ精密
  • DM
    メタリック
    シーリング
  • SG
    secuRgrip
  • ER-GB
    タッピング
    チェック
  • PCM ET1
    タッピング
    チェック

〇さらに高い芯ブレ精度が必要な場合は、コレットホルダーと刃具を把握したコレット一体で芯ブレ精度3μm以下を実現したpowRgripとmicRunをお勧めします。

〇内部クーラント用DMコレットは、サイドロック式のホルダーと一緒にはご使用になれません。レゴフィックスのDS/ERタイプとご使用ください。

取り付け方

取り付け方が正確であれば、コレット本来の芯ブレ精度を十分に生かし、製品寿命をより長くたもつことができます。

  • ① コレットチャックの溝を、ナットにマークされた位置から、ナットの偏心リングに掛けてください。
  • ② 次に、コレットチャックを矢印方向に押し込みます。
    カッチ、と音がするまで押し込んでください。
  • ③ 純正のレンチを使って適正なトルクで締めつけます。トルクレンチ、またはトルコブロックのご使用をお勧めします。適正締め付けトルク表は、カタログの技術資料をご参照ください。
  • ④ ナットとコレットを純正レンチでホルダーから外します。コレットを後ろからナットに押し付けながら、ナットのマークの反対側からコレットの下側面を矢印の方向に押しつけてナットからコレットを外します。

取り外し方

  • ① ナットとコレットを純正レンチでホルダーから外します。
  • ② コレットを後ろからナットに押し付けながら、ナットのマークの反対側からコレットの下側面を矢印の方向に押しつけてナットからコレットを外します。

ER Collet Series

ERコレットシリーズ

  • MBコレット
    1.0㎜以下のサイズ、0.2〜0.9mmの範囲を0.1mmトビで把握できます。把握シロはありません。芯ブレ精度は6μm以下。工具シャンクは、公差h7のものを把握できます。

    ERコレット/ER-UPコレット
    ER8〜ER50コレットで把握範囲は0.5~36.0㎜まで。芯ブレ精度は、標準コレットで10μm以内、高精度級UPで5μ以内。ご要望に応じて、腐食防止用コーティングもご利用いただけます。

  • ER-DMコレット
    コレット両端からのスリットから、内部クーラントがコレット端面から噴出しない構造になっています。DS/ERシーリングディスクを使用しなくても、刃物の先端からクーラントを噴出させることができます。reCoolと一緒に使用するのは避けて下さい。DMコレットのスリット間隔が狭いので、クーラント液の通りが妨げられて、reCoolが焼き付きを起こす可能性があります。

レゴフィックス(REGO-FIX)ERコレットの詳細はPDFをご確認ください。
CONTACT
お問合せ

ご相談・ご質問等がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

電話受付:平日 9時〜17時(土日祝休日)